ラルクとジャンヌとペンギンを中心に、好きなことを好きなだけ語ってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
下書き保存のまま放置してたらうっかりもう3月じゃないかどうも最近はツイッターで1日最低1回はどうでもいいことばっか言ってる人です←

本当は総決算的な感じでこれを去年最後の記事にするはずだったんですが、ちょっと色々ありすぎましたね。
何だかんだ去年は二次元コスにどっぷりだった華錬さんでして、簡単なものならちょくちょく作ったりもしていました。

それが色々と増えてしまったので、まとめて紹介してしまおうかと。
まぁABCセット系列全公開と大差ない自己満でござい←




初めて作った小道具。
進撃の巨人に私をハマらせて前職を一緒に辞めた現コス相方とまずは進撃やりたいねユミクリ尊いねってことでやることになったけどユミルが若干マイナーだしバレッタ売ってるとこがないし相方が家庭科のミシン三台を壊した壊滅的な不器用だと言うしコス未経験なので好きな人に甘く世話焼きBBAな私が作りました。

100均のバレッタにポスターカラー引っ張り出してきて塗ったんだけど後でよく見て考えたら布状のを髪に巻いてボタンで留めてるんだよなあの丸いのボタンだよなフェルトとかで作った方がリアルだし楽だったのではって今更作り直したくなってる←




これも取りあえずボカロもしたいねって何しようって話してたら最初リンレンとか言ってた相方が突然千本桜の花魁MEIKOがしたいとか言い出したけど衣装も高めだし髪飾りまで買ったら馬鹿高くてやってられないから私が作るって言って無理矢理作りました。
本体は100均のおしぼり置きを削り、お箸も削ってかんざしに、これまた100均のリボンと椿の造花に紐だけは100均の質感だと安っぽすぎるので手芸店で買って普通に買う10分の1ぐらいの値段で作った結構な力作でござい。

私もまだ働き始めで時間あったし二次元は初めてだから色々考えて手間かけてたし相方も勿論初心者で分かってないことだらけだから衝動だけでやりたいって言ったり衣装も私が買ったり小道具作ったりしてたんだけど段々分かってくると自分でできるできない考えて衣装買ったり調べたりメイク研究したり最早私以上にのめり込んで独り立ちして私もこれですら結構無茶してるとはいえもっと無茶苦茶するようになってくるしで今自分で見ててちょっとこの頃はまだ頑張ってたなって懐かしくなった←




HUNTER×HUNTERのクラピカ氏は何だかんだ一番やってるし手間かけてるしセーブかけてたはずが結局ホ何だかんだ作ったり増やしたりで一人コンプしそうマン。
クルタ刀は新聞丸めて100均の木目シート貼って包帯と紐は家にあったやつだしクルタ鞄はぬこたん衣装の袖だけ改造した時の余り布で使用前日夜中に突貫手縫い工事で作った一部切りっぱなしだけど最近補修した重い物が入れられなくて形状安定のためにビニール詰めて使ってる代物。

学園Ver.は衣装がただの学ランな上にゴンとキルアと違って髪型も衣装も個性がなくてクラピカだと分かってもらえなさそうなのと初めての併せだし誰もやってないマイナー衣装で注目されそうなどの点から三次元でもよくやってるように小道具に凝りました。
風紀腕章とヒソカの絵を頑張って描いたんだけど風紀腕章を塗りすぎてコピック1本のインクがなくなったっていう(笑)




これも服がダメージ加工した白シャツに普通のジーパンに包帯巻いてるだけっていう簡単衣装だし既にやっている人がいたもんで小道具に凝りたくて制作。




丁度いいランタンがなかったので100均のライトに100均の紙粘土とカボチャで作りました。
そこまでのクオリティはいらなかったし結局撮影だとほぼ分からないんだけど一応光ります(笑)




ただの白シャツでやってる人が多かったし、折角キルアが私がやりたいっていう我がままのために衣装作って併せてくれたので私も本気出そうと思って新品のシャツ一つボロボロに。
でも上にカーディガンとか着て使うような衣装だったら普通に男装用シャツとして使えるから専用って訳でもないしいいやと思って潰しました(笑)




男子用はボタンの合わせが逆だから男装用のシャツが欲しいけど、成人男性用だとSSでもブカブカだしコス用に売ってる男装用シャツは高いので小中学生用の制服用シャツ2枚組を買ってハロウィンクラピカとCHAOS MODEツアーのyasu用に改造。
子供用だから安いしでもチビの私にはサイズピッタリだし、加工したとこが見えない進撃とかの衣装なら使えるんでこれも専用って訳ではなくて重宝してたり(笑)

ファスナーつけて文字書くだけ。
何て書いてあるのか分からなくて巻き戻しと停止をひたすら繰り返して綺麗に全文映ってる場面を見つけた瞬間の喜びと同時に書いてある数字の意味不明さとダサさに絶望した私の気持ちがお分かりいただけるであろうか←




これが多分一番手間もお金もかけてます。
烈火の炎っていう若干マイナーな過去作品の水鏡凍季也氏が扱う魔道具、液体を固めて剣にすることができる閻水です。

みんな普通の高校生だからファンタジー作品によくある戦闘服とかはなくて私服っぽいのばっかだから衣装は簡単なんだけど私がよくこだわるその分小道具に凝らないと誰か分からなくなるってやつ。
私は本当に凝り性で無茶しいなので、多分どんな衣装だって大型造形だって作ろうと思えば何でも作れると思うんです。

でもそれだと今までの三次元関係諸々の経験上間違いなく際限なくあれもやりたいこれもやりたい作ろうやろうで熱中して義務教育だった頃ならまだしも今なら間違いなく仕事に行かなくなり職を失い破産し廃人になるのは間違いないので、何度も盲目に突っ走って痛い目を見て後悔して自分でボーダーラインを決めるようになったんですね。
だから私は衣装を作らないし既製品でできなさそうだと思ったら諦めるしウィッグも超次元すぎるのは諦めるしそこまで再現しないし凝りすぎた造形はできないからやらないってことにしてるんです(笑)

今ならミシンでも何でも買えるし手先は器用だし少々の無茶はできるから何だって作れるよ間違いなく。
でもそんなことしたら廃人一直線間違いなしだしそこが私の決めたボーダーですよく聞かれるし適当にはぐらかしてるんだけどコスに限らず何でもできるし買えるしやりたいし興味はあるさでも全部壁を作っておかなきゃ私は人として終わるんだむしろ社会に出る前に気付いて自分の限界を決めるようになった私を成長したとほめてくれこう見えて貯金は毎月確実にドンドコ貯めてるし金欠に陥ったことなんてないんだぞ(笑)

で、まぁそういう訳で制作物のボーダーはここですかね。
幽白及びハンターの富樫作品、烈火の炎、そしてハガレンは私の青春が詰まった三大二次元なのでどうしても愛を込めたくてやりたくて作りましたが、もうこれ以上に本気を出して作る作品は多分ないからちょっとボーダー超えた感はありますがまぁ許容範囲の特例。

ホームセンターでアクリル板買ってきて切ろうとしたけど流石水族館の水槽に使われるほどの強度を誇るアクリル、普通のカッターでは切れないし無理をすると割れるってことで専用のPカッターを買って切る。
核は半透明で青色の球体っていうのがなかなかなくて、悩みに悩んだ挙句目にとまったトイレのセ○ンだが勿論使い切るまでの時間があるのである意味結構な制作期間がかかってます(笑)

セ○ン切るのもPカッター使って結構難儀したし紙粘土で持ち手作って手持ちのビーズも埋めて針金巻いてってしたけど文にしたら簡単だが結構どれも難産で四苦八苦してようやく完成。
でも本当はもっと細いからちょっと大きすぎたと思って作り直したい気もするけど面倒だなうーん(笑)




一人で水鏡さんしようと思ってたら相方が読みたいって言って貸したらまんまとハマってくれた上に併せるためだけに主人公してくれるって言ったのでこれは一肌脱がねばと思い久しぶりに相方のためだけの小道具制作。
水色髪で分かりやすい武器もちの水鏡はともかくジーパンに無地Tシャツで黒髪の烈火は髪の毛立てて手甲してなきゃ完全にただの一般人すぎるのでこれは作るしかないと思ってですね。

というか最早閻水持った水鏡と並んでないと分からないかもしれないぐらいのレベルだし。
家にあったクリアファイルを切って丸めたチラシでフチを作り、アルミホイルを貼っただけの過去最安値製作費0円でございます←




ちなみにクルタ刀はキャリーに入る大きさを計算して作りましたが、閻水はとにかく長さが欲しかったので作れる限りの最大の長さで何も考えずに作ったんですよ。




持ち運びはバトンケースでするつもりではあったが、まさか一切計算しないでジャストサイズだとは思わなかったぜ…(笑)




シャングリラyasu用小道具。
バケツとハケ持ってたら可愛いしポーズ取りやすいので100均のハケとホームセンターの安いバケツを専用にして潰しちゃう。

100均のハケの難点は持つ方向に気を付けないと「万能刷毛」って書いてあるのが見えちゃうこと←

ネックレスはトップとテグスやら留め金やらは手持ちだけど、ウッドビーズ使ったからそれが結構高かった。
前にナースyasu用のクロスがついてるネックレス作ったときに普通のパールっぽいビーズで作って後でウッドだったって後悔したから今回トップ以外は多分同じブランドかトップ違いで似てるしリベンジって思ったんだけど高いよ途中で足りなくなったし遠いけど大きい手芸屋で買っちゃったから足りなくなった分は見えないしいいやって思って前作った時に余ったやつ足してます←

衣装はフリマで譲っていただいたオーダーメイド品ですが、前持ち主様が私と住んでる場所が近くて既に使ってるスタジオも思いつく限りの小道具とか撮影方法も一緒で何か違うことしたいなと思ってたところで身内がホテルロケ撮影のカメラマン募集してて休みだったんで即ホイホイしましてコスカメでいいし壁に何か貼ったり色々できるよとのことだったので思いついたのがこれ。




100均の模造紙にラッカーと手持ちの絵の具でPVは一応真似てるけどほぼ衝動のままに描きなぐったやつ。
普通のスタジオだと貼ったりできないし、この再現したかったんで壁に貼ったり地面に敷いて上に寝転んだりしてちょっと違った撮影をしてもらえて満足でした。

実のところもっとショッキングな緑が良かったし他の色ももっとビビットだしピンクも白も赤も固まっててオレンジで代用とかしてるからリベンジしたいっちゃしたいんだけど余った模造紙がレフとか壁紙としてメインの撮影に大活躍してたから何も後悔はない(笑)




ぬこたん衣装袖制作で余った布を縦一直線に切って兵長のスカーフ完成。
以上←




去年のハロウィンライブにyasuが出ないぞってなって分島花音ちゃんの衣装なら安いそれっぽいやつをちょちょっといじったらできるんじゃないかということで制作。
衣装の袖と余計な装飾を外して100均のバラの造花と羽根を切ってそのままだとへたるから縫い付けたんだけどモッシュ前提なので安全ピンで外せるようにはなっています。

羽根に銀の細いテープが入ってたから一本一本引っこ抜く作業が面倒だった←

カチュは既製品に家にあったパールビーズを通してつけただけ。
お袖とめは後で出るマチに使った余り布に家にあったレースをつけて、100均の造花を縫い付けただけの安上がりでござい。




ウィッグも凝りすぎると間違いなく廃人だし普通のヘアセットでも苦手なので基本カットとかセットはあまりしないし三次元が元にあるせいかナチュラル志向ってやつになるんですかね。
花音ちゃんとハンターのビスケ用ウィッグはただコテで巻いてガチガチに固めただけです。

巻くのはバンギャyasuで慣れてるはずがウィッグだと人毛と癖づけの仕方が全く違うから一度挫折して投げてたものの正しいやり方を知ってから楽しくて仕方ないマン。
メイドyasu用に買ったウィッグだけどもう使わなさそうと思ってカットして巻いたんだけど花音ちゃんにしては巻いたら短くなっちゃったし色も明るいし強く巻きすぎて失敗したので結局買い換えてウィッグもストレートに戻してハンターのデートパームさん用になってもうて巻いた意味。

ビスケのは衣装とセットで中古で売ってたやつですが、何故かツインテールにしてあるだけで巻いてなかったからガチ巻きにしてやっただわさ。




ハンターのマチ。
何故か何も考えずにやりたいキャラを選ぶとあまりにも金髪率が高すぎるので二次元らしい色、ピンクとかをやりたい、じゃあハンターで言うならマチかな、キツい顔の女の子が似合うことも判明したけどそれもハンターでいうならマチだなと思ってたところに旧アニメカラーのパクノダと新アニメカラーのヒソカが身内に現れたので両方やるという無茶。

出回ってるのは旧カラー衣装だけだけど襟とかに色がついたとか針山の色が違うとかの差なのでじゃあ旧カラーの既製品買って取り外し可能にしたらいいんじゃないかという荒業によりこうなりました。




旧アニメカラーのマチ用ウィッグ。
結い上げ初めてだったけどやってみると意外に楽しくてこの後地味にハマッてしまいます。




シュシュの色は共通だから楽。
結構ドキツめにしてしまったけどピンク楽しかった。

カールの方が安かったからストレートにしてから結い上げたけど結局逆毛立ててボリューム出すし少々残っててもいいかと思ったので若干くるくるしてます。




水鏡さん。
これもカールだったけどサラサラストレートキャラなのできっちり戻してます。

色的には好きなんだけど色が飛びやすくて難しいし決定的な失敗として一番好きな色なのに似合わないという悲劇。




シャングリラ用エクステ。
1本づつ買うと高いしバンスから切って使う方が安いってことで解体して作りました。




私が初めて地毛じゃない色の髪をやって以来まさかここまで金髪キャラばっかりやる上にこのウィッグを使い回すことになるとは思わなかったって話。
そのままで昔はクラピカに使ってたし、耳にかけたらABCのyasuで下ろして襟足エクステつけたらジャンヌのyasu。

バンスつけたら亞北ネル、エクステつけたらシャングリラのyasuだし他にも使い回そうと思ったらいくらでも使えると思う。
そもそも何でこんな金髪キャラばっかなんだ全く意識してないのに周りからも安定の金髪だのまた金髪だのこのキャラ似合うと思うって言われたら金髪だわでもう自分も周りも洗脳されすぎやで初めて金髪やった時は大事故だったはずなのに目って慣れるし腐ってくるよね←

とまぁこんな感じで取りあえず去年作ったのはこんなもんです。
全部作ったやったーで一人完結してたけどやっぱ頑張って作ったから急にまとめてみたくなったねん←

あーやっぱツイッターは文字数制限あるから何も考えずに言いたいこと言いたい放題文字数オーバーですって言われて考え直してのストレスがないからいいわ本能垂れ流し万歳←

最近はできたら即ツイッターにひゃっほいうん自己満してるけど去年はしてなくて溜まってたかったから何かやりたくなったの。
ただそれだけだよ生存確認はツイッターだけどまた長文垂れ流したくなったらこっちにもくるからせめて広告が出ない程度には何か書きたいですはい(願望)←
2015.03.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaregotorainbow.blog40.fc2.com/tb.php/916-a3028d2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。