ラルクとジャンヌとペンギンを中心に、好きなことを好きなだけ語ってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
きませんでした←

結局歯医者に行ったら親知らずが痛いというよりは、下から生えてきた親知らずに押し出された歯肉を上に生えてきてる親知らずで噛んでいるから痛いとのことでした。
噛んでる歯肉を切ってもいいけど結局切った部分が腫れてまた同じことになりそうだし、もうしばらく我慢して親知らずがもっと生えるのを待ったら治まりそうでもあるけど我慢できそうもない状態だしどの道横やら斜めやらに生えてそうだから抜こうかって話になったんですが。

月一回の外科の日にしか抜けないからそれまでは取り敢えず痛み止めと化膿止め飲んで一回様子見ってことになりましてですね。
しかしそれが全くもって効かなくて状態が一切変わらずご飯食べるのつらいつらい(笑)

でまぁ薬が切れる頃にまた行って様子見てもらうもやっぱり抜くしかないけど外科の日まではまだあるから取り敢えず歯肉を噛んでる上の歯を削ってもらったらほぼ痛みがなくなったんですよ。
これはまた詳しく話すとしてその後にそのまま名古屋に行ったんですけど、歯が痛いことによって何より心配だった名古屋グルメもバッチリ堪能できて本当に健康な歯の大切さを実感する私(笑)

そしてすっかり痛くなくなったまま外科の日を迎え、全然痛くなくなったとはいえ再発する可能性は高いから今抜いても様子見でもいいけどどうしますかって聞かれたので従姉妹にもし必要な歯に何かあったときのスペアになることがあるから無理に抜く必要はないって話を聞いてたのもあり結局抜かないことにしました。
次にまた同じような違和感を感じたら今度こそ抜くので悪化する前にすぐ来てくださいとだけ言われ、休みを代わってもらってまで行ったのにそのまま呆気なく終了(笑)

今まで歯に何の問題もなく2○年生きてきましたが、ご飯が美味しく食べられることが如何に素晴らしいことなのかを今回身をもって実感しました。
抜かないで済むならそれに越したことはないですが、抜くことに関しては抵抗ないですしもしまた痛くなることがあれば今度こそすぐ歯医者に行こうと思います。

抜く痛みより歯肉噛む痛みよりご飯が美味しく食べられないつらさマジ尋常じゃないもの歯は本当に大事にすべき(笑)
2014.06.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zaregotorainbow.blog40.fc2.com/tb.php/902-8476c491
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。